【アイディアを実現】


こんなものを作りたい、あんなものを使いたい!


アイディアはあるけど、業者さんはとてもじゃないけど高額で・・・なんて中小規模事業者・個人事業主様はいらっしゃるかと思います。IT・製造業界ではちょっとしたものをつくる(※あくまでも個人の見解です)だけでも何人もの人間を使って何ヶ月・何年もかけてシステム・製品をつくります。もちろん、それだけの人件費がかかるのだから、100万・200万のような受注単位では会社として社員の給料を払うことができないので当然のことでもあるのです。

ただ、そこにユーザー側とのギャップがあって、求める内容と金額の相違を埋めることができずに一般ユーザーはあきらめる・・・なんて世界ができています。例えばIoTの世界でも一般のユーザーが求めるレベルものであれば数万円で実現できるシステム・製品でもこの業界では安くても数十万、普通に100万単位のものがほとんどだと思います。(ま、ホームページなんかもそうですけど・・・)だから意外とIoTという世界も広がらない、、、そんな悪循環があると考えています。なんとかそんなギャップを埋めるため、ユーザー目線で素早く動く、そんなコンセプトでKemy Creative は活動しています。

また、何でも東京!と首都圏に結果を求める企業も多いですが、Kemy Creativeのコンセプトでは逆に地方にこそ、そのようなニーズをもつユーザ様が多いと日々感じます。ちなみにKemy Creativeは長野県松本市という地方(笑)から情報を発信しています。地域的に農家も多く農家IoTという道や、また現在これはどの地域でも需要が増えている介護・見守りIoTという道、費用対効果は考えるべきですが、間違いなくIoTで生活が便利になります。

是非、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

(※長野県近郊であれば企画・開発・サポートまで一貫したサービスを1to1でご提供いたします。ITには興味あるけど、パソコンが苦手・・・という方でも全く問題ありません。まず、お気軽にご連絡ください。)

冷蔵庫IoT

「ケミオット」は冷蔵庫など温湿度管理が必要な場所で使えます。温湿度管理に加えて、ドア開け閉め管理ができるので装置の開け閉めを感知した時点で通知をするということもできます。

IoT

データのモニタリングやグラフ表示や警報通知などパソコン・タブレット・スマホのWebアプリの豊富な機能が使えます。

今回は家庭用冷蔵庫で温湿度測定した様子です ↓↓↓

IoT

冷蔵庫のドアの開閉で湿度が急激に変化していることがわかりますね。 🙄 このセンサの測定範囲は-20℃~60℃まで測定OK、防水加工、補助電池を使えば10年間は電池交換不要になります。「冷蔵庫の中で無線が届くの?」という人もいましたが、EnOcean、もちろん大丈夫ですね。(※電波が弱い場合には「中継器」も使えますので安心です。)

是非、お試しください。

1ヶ月間無料貸し出し・モニタユーザ様は更にお得

現在、多数のIoTシステムが販売されていますが、

・欲しいけど値段が高い
・欲しい機能はあるけど要らない機能がある
・難しくて使いこなせるかわからない
・高価な費用をかけて導入をしたところでそれに見合った効果があるか

など・・・

など、ユーザ様と販売側のギャップが大きい部分がたくさんあります。
もちろん、

「ある施設で実証検証をして・・・」

というものもあるとは思います。
ケミオットが採用している「EnOceanセンサ」はすでに多くの異なる環境や用途の現場で使われているセンサです。
ただし、センサの性能信頼性があったとしても、実証実験をしている施設のユーザには需要があってもその他の施設ではそうとは限らない・・・ということが山ほどあります。
そこでケミオットはユーザ様の様々な意見を聞いて多数の意見が重なる機能をできる限りたくさんのユーザー様が簡単に使えるように開発がされました。

ケミオットには

・画像で顔認証・人物特定・農作物調査
・心拍数など調べてヘルスケア
・赤外線で人の行動を監視して危険を予知
・ロボットとの会話で自動健康チェック
・温湿度・照度・土壌温度などあらゆるビックデータから農作物データの統計解析・予知

など・・・

と言った高度で高価な機能は(※現時点では)ありません。
ただ、そのようなものはもちろん私も素晴らしいとは思いますが、それが逆に現場とのギャップであって、そのギャップを埋めるための格安・簡単なスモールIoTを提供することが必要というコンセプトができたというわけです。
(※身近な話では温湿度というものであっても人間が現在の温度計を時間ごとに見て・・・とか時間ごとにPCに吸い上げて・・・などというような作業をIoTに置き換えるだけでもメリットはあります。)

そこでできる限り沢山の方に便利さを広げるために、

ケミオットを1ヶ月無料で貸し出しいたします!

― なぜ、こんなことができるのか? ―

通常のシステムでは設置工事や電気工事が必要なものが多く簡単に設置して・・・というわけにはいきませんが、ケミオットは太陽電池を使った無線センサを使うため測定したい場所にセンサを「置くだけ」、親機もLANケーブルを指して電源を入れるだけでハードウェアの設定が終わります。
だから、1ヶ月間使ってみて、
・もっと高額でも高機能なものがほしい
・思っていたものと違う
・やっぱり今回は・・・

ということでもセンサ・親機を返却していただくだけでいいのです。


貸し出し条件は以下になります。

▶ 法人・個人事業主様
▶ 施設内に使用可能な有線LANまたはWiFiなどの公共通信回線や電源があること
▶ パソコン・スマートフォンなどインターネットに接続できる環境があること
▶ センサ・その他ハードウェアは屋内(ビニールハウスなど含む)で使用すること
▶ 温湿度/ドア開け閉め/人感/呼び出し センサを各1台まで(合計最大4台まで)
▶ 貸し出し期間中、実際に1ヶ月稼働していること
▶ センサ・親機設置はユーザ様ご自身で行っていただきます。
▶ お問い合わせをいただいた後、別途以下の無料貸出フォームを送付・必要要項をご記入いただきます。
▶ 送付いただいた無料貸出フォームの要項を弊社検討の上から貸出をお断りさせていただくこともございます。
▶ センサ・親機などの機器の返却郵送料はユーザ様にご負担いただきます。


センサ・親機の設置作業はユーザ様に行っていただきますが、上記の説明のようにケミオットは簡単に設置ができます。ソフトウェアもWebアプリのためインストールなどの必要はなく、パソコン・スマートフォンが日常で操作している方であれば問題がありません。もちろん、ご不明な点はメール・電話などでご説明させていただきます。貸出前であっても、ご不明な点があれば以下よりお気軽にご相談ください。

まず、以下のお問い合わせフォームより「貸し出し希望」としてご連絡ください。
お問い合わせはこちら

※介護施設様限定:
東京都・神奈川県・山梨県・長野県・富山県・岐阜県・愛知県・静岡県 の介護施設様の場合は、必要に応じて設置作業も弊社にて行わせていただきます。
(※充実したサポートをご提供させていただくために長野県近県を指定させていただいております。)
さらに期間限定で<モニタ>を募集します。モニタユーザ様は貸し出し期間終了後
―買い取りプランの初期費用(35,000円分)、6ヶ月分の全基本月額費を無料―
でご提供いたします。是非、この機会にお試しください。

ホームセンターIoT

KMIoT Pro 応用例

ホームセンターなど大きな施設でよく

「○○売り場でお客様がお待ちです。係員は向かってください・・・」

というようなアナウンスがあります。そんなとき、自分は「店員さんがスマホを持って、呼び出しの位置がわかっていればそんなアナウンスなんていらないのに・・・」っていつも思っています。

これ、もちろん管理室で誰かが呼び出しを管理して、呼び出しがあったら上のようなアナウンスを流す・・・なんてことをしてるわけではないと思いますが(笑)(※最低でも呼び出しのボタンを自動で管理していて押されたボタンに対して自動的に上のようなアナウンスをしているのだと思います。。)そのようなシステムを導入するだけでも安い費用ではないでしょう。

そんなときにKMIoT Pro の呼び出しシステムは

超格安ですぐに無線の呼び出しボタンを導入でき、呼び出し位置や呼び出し時間もすぐにスマホで確認できます。

タブレット・PCなどで呼び出し一覧を管理することでもできます。

PCに音で通知することも、光で通知もできます。(※以下は小規模用に安価な通知装置を使っていますが、業務用にパトランプなどの警報回転灯をシステムに組み込むというようなカスタマイズも可能です。)

ご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

KMIoTシステムを販売してくださるパートナー様も募集しています!
お気軽にお問い合わせください。

 

介護現場と見守りIoT

介護施設現場の取材の話。

施設の少数の介護士の方が夜勤・交代勤務で一日中大人数の高齢者の方を見守る。ほんの少しの「カタッ!」という音にもドキッとして・・・夜中の間ずっとそんな状態で、部屋毎の温湿度も管理しなくてはいけない、そしてそんな毎日がずっと続く。。。このような話を聞くと本当にきつい現場に言葉につまります。もちろん、自宅で介護をしている場合はさらに厳しい現実があります。

これから、高齢化が進み介護が必要な方が多くなる一方それを支える側の人数は少なくなります。つまり、さらに介護現場の現状は厳しくなることが予想されます。もちろん国も福祉関係に力を入れ始めているとは言え、まだまだ現実は厳しいと感じました。

私自身、親にスマートフォンを持たせメールなども教え、遠隔地でもコミュニケーションをとっていますが、このようなことも認知症などの予防につながれば・・・と考えていますが、誰もが他人事ではなくどのような立場であれ、「介護」という世界に関わりをもつ日が来ると思います。

今このような人材不足を補うものとしてロボット・AI・IoTなど人間の代わりをしてくれる技術が進歩しています。弊社ではIoTといって、センサで温湿度管理・ドア開け閉め・人感・呼び出しを管理することができるシステムを販売していますので、何十台もセンサを取り付けて・・・といった見守りシステムは100万単位の費用がかかりますが、今の現状でこの金額を払える介護施設は少ないと思いますが、このような現場を見ると例えば

  • 「人感センサ」をひとつ廊下におく
  • トイレ・お風呂に「呼び出しセンサ」をひとつおく
  • 玄関に「ドア開け閉めセンサ」をひとつおく

⇒ それぞれの反応を音・光・メールで通知する

どれかひとつだけでも介護士の方の負担は減るはずです。弊社の見守りシステムでは初期費用は数万円・月会費も数千円で実現できます。ただ、どうしても「システム」というと高価・難しいといったイメージもあって現場の方は遠慮しがちということがありますが、実際の介護を行うことを考えればとても便利なものです。私たちのような技術を提供できる側と現場のこのような「ギャップ」を埋める行動を続ける小さな行動が必要だと思っています。

そしてできる限り現場の方の負担を減らし、現場の方のボランティア精神に頼り切りの世界を変え、社会全体として高齢化社会を支える必要があると思います。

ご不明な点があれば何でもお気軽にお問い合わせください。

簡易スマート農業(ハウスIoT)

自分の地域がら農業のビニールハウスがあちこちに見えます。もちろん、農業ハウスで作物を育てているならば温湿度管理も徹底して行っていると思います。以前、ミーティングを行った農家の方は

「温湿度管理の他に遠隔地でスプリンクラーのスイッチの制御をしたり、他機器の電源制御をしたい」

という要望がありました。ただ、例えばハウス全体の換気や土壌の状態から水まきを行ったり・・・といったことを全て自動的に行いたいわけではなく必要最低限の機能、、、例えば複数のハウスの温湿度を遠隔地で管理して現在の値や直近のデータ一覧・グラフ一覧が見れればいい、そして電源制御などはカメラなどを見ながら遠隔地で手動でONOFFだけできればいい、と言ったものでした。もちろん、全てが全自動でできればいいのですが、それを実現するためには実際に業者に見積もってもらうと数百万円の初期費用と数万円の月費用その他・・・というとてつもない投資が必要だった 😥 ということだったのです。

ということで、まず上記のような最小限のIoTで・・・ということで実現ができますね、、、という話になりました。

これはまさしくKMIoT Pro のコンセプトそのものでした。電源制御などシステム全体、その他個別のユーザーの要求にもコンサルティングができるのも弊社の強みです。例えば、KMIoT の費用であれば1年も使えば、「使い捨て」でも元がとれる価格なので、もし本当に上記のような数百万の大規模なシステムが必要ならばそちらに投資する、という方法もあるかと思います。

ユーザ様それぞれで様々なアイディア・要求もあるかと思います。是非、お気軽にお問い合わせください。

KMIoTシステムを販売してくださるパートナー様も募集しています!
お気軽にお問い合わせください。

 

高齢者介護施設で思うこと

高齢者介護施設に行きました。

自分たちは見守りシステムを販売しているという現状から接していると本当にとてもたくさんの高齢者介護施設があるということに驚きます。ただ、たくさんと言っても実際の高齢者の数、必要とされるサービス(要介護など)を考えれば実際には全く「足りていない」というのも納得がいきます。だからと言って「それならばただ増やせばいい」という問題ではなく、増やすといってもそこには人件費も含めあらゆる費用がかかるわけで、実際には一般の高齢者が入居できるような価格ではない施設・・・となってしまいます。お金をもっていない人は入居できない、これは要介護度が大きくなればなるほど深刻な問題で決して大げさではない「お金で命の格差ができる」ということになってしまいます。それならば施設の人件費を減らして・・・などと言う人もいますが、そのような施設で働いている方々はほとんどが大変な重労働その割に他の業種から比べると給料も少ない、それでも働いているのは本当にボランティアの心があるからで、本当にお年寄りに優しく接していらっしゃいました。

また病院に行けば自宅で転んだ、施設で転んだなどで救急で運ばれた高齢者で、また高齢者に寄り添っている方も高齢者・・・というような風景があふれていました。

これからさらに高齢化社会が進みボランティアの心や国の医療制度のみに「おんぶにだっこ」の社会の体制は間違いなく将来破綻してしまいます。

そこで今はロボットが介護をするとかできる限り人間の労力を減らすという技術が進んでいます。ですが、まだまだロボットといっても簡単に一般人が手を出せるものではありません。でも実際の施設を見ていると、人間の手で部屋の温度湿度をそれぞれ測ったり、呼び出しにも大がかりな工事が必要だったり、徘徊などを管理したり・・・などと見守りシステムのようなものを使えば人の労力が要らなくなるのに。。。といった点もたくさんありました。また、事務の仕事も(例えば同じことを繰り返すといったものは特に)これからはほとんどがAI(人工知能を使ったプログラム)に置き換えられ人間の労力が必要なくなります。(※例えばレジ打ちなどの仕事もおそらくすぐに激減するかと思います。そうすれば逆に介護などの仕事をするということも考えられるわけです。)

そういったことで施設の方の労力を減らし、一番大切な人間味にあふれた会話や介護などに安心して高齢者に接することができるような時間を増やす、という現場と技術の架け橋になれるように自分たちはそのようなものを作っていこうと改めて感じました。そしてそのような技術の進歩の恩恵(便利な世の中)を受けることができるのが都心や関東の人口密集地だけというものもやはり「格差」のひとつだと思います。ここは長野県松本市という地方ですが、そのような情報を一般の方に広めていくというのも自分たちの使命だと感じました。

 

センサの位置が見える!

KMIoT Pro と連携してセンサの位置情報が見えるWebアプリ

ミエイチ

を使うとセンサを設置した場所が一目でわかります。複数のセンサを設置した場合、センサを設置してもセンサの場所とデータを結びつけるのにも少し苦労する場合があります。例えば、センサ名を設定できるシステムならば、センサ名に「A階段上」などと名前を付けたり、それもできなければセンサにシールを貼ってExcelで対応表を作って確認したり 😕 などということもあるかもしれません。ミエイチでは任意の画像(例えば、建物の図面とか概略絵みたいなもの)をアプリに取り込み、その任意の場所に自分でセンサをドラッグアンドドロップする、、ことで画像に対応するセンサの位置を作って保存することができます。

これで、センサの位置は”一目”でわかります。また画像上のセンサをクリックすればセンサの現在の情報が表示されます。

もちろん、全てのセンサの一覧も表示できますね。

  スマホで表示した場合

画像もセンサも自由に設定できる、ということで病院・介護施設・工場など複数のセンサを管理する必要がある場合など用途は多数です。

ご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

KMIoTシステムを販売してくださるパートナー様も募集しています!
お気軽にお問い合わせください。

 

メンテナンス不要の温度・湿度センサ

KMIoT Pro (IoTシステム)

が採用している「EnOceanセンサ」はソーラパワーやボタンを押すことで発生する微弱な電流などを使用して発電する

メンテナンスフリー

なセンサを実現しています。通常、どのようなセンサでも電池交換が必要になり、1ヶ月あるいは1週間で交換しなければいけない・・・というものもあるかと思います。「IoT」というものは結局どれだけ人間の労力を減らし便利にできるかということが究極の目的だと思っています。そのように考えたときに、

  • 電池を交換する
  • データを定期的に記録する(※データをハードウェアからPCに吸い上げてファイルやExcelに保存するとか・・・)

などということも結局人間の「大きな労力」になっています。例えば、複数の遠隔地のセンサデータを記録したい!といった場合でもわざわざ現地に人間が出向いて・・・なんてことを考えればまさに無駄な出費となってしまいます。

ハードウェアがメンテナンスフリーでデータがクラウドで管理されているKMIoT Pro ならば遠隔地のセンサ情報も簡単に管理できます。また、KMIoT ProはLTEにも対応しているので、WiFiなどの電波が届かない場所でも問題ありません。

ここまでくるとやっぱりお値段が・・・ということが心配になるとは思いますが、このようなIoTシステムは通常初期費用が100万単位になり、どんなに安くても10万単位の費用・そして毎月数万円が・・・ということになっているのがこの業界です。ただし、KMIoT ProはIoTシステムとしてはあり得ないような業界価格破壊の値段になっています。センサ種類・台数など様々なオプションが選択可能になっていますが、最も低価格なセットでは

初期費用3万円・毎月費用も3000円

を切っているものもあります。この中にソフトウェア・ハードウェアも全てセットになっています。。。ちょっと上の「通常のシステム価格相場」を比べると考えられない値段です。ただ、大切な費用だと思いますので、まず、費用・内容など他のIoTシステムを検討してみてください。業界の内容を知れば知るほどこの価格の意味もわかると思います。

もちろん、価格だけ安ければ・・・ということであればEnOceanを選択せずにもっと安価なBLE・Zigbee などもありますが、上記のように「目的」を考えたときにこれらは残念ながら本システムの採用できませんでした。ということでソフトウェアもハードウェアもこだわった上でのこの値段です。

ご不明な点があれば是非お気軽にお問い合わせください。

KMIoTシステムを販売してくださるパートナー様も募集しています!
お気軽にお問い合わせください。

無線呼び出しシステムへの応用

KMIoT Pro

の呼び出しセンサを使って、例えば介護施設・病院などや飲食店などのあらゆる呼び出しシステムの構築が簡単にできます。呼び出しボタンの一覧を表示したり、スマホなどへのメール通知もできます。

※スマホでの表示もできます。

 

センサそれぞれに自由に名前をつけ管理できるので今回はA101、C102・・・etcなどとつけてみました。

各センサ毎に呼び出しがあった時間が表示されます。呼び出し音も必要に応じて設定することで同時に鳴らすことができます。最後に呼び出しがあった時間が常に表示されますが、ぞれぞれの「クリアボタン」をクリックすることで時間を消すことができます。

呼び出しがされるとPCから音がなります。この例では呼び出しセンサに「コールボタン」という名前をつけています。その「コールボタン」の状態が呼び出し音と同時に変化しているのがわかります。(※呼び出しセンサとPCが通信しているわけではありませんが、今回はデモのためPC・呼び出しセンサが同時に見えるようにしています。)

 

標準ではPCから音が鳴りますが、例えば以下のようなカスタマイズも承ります。

別途専用装置をつけて音・光で呼び出しを知らせる

 

呼び出しボタンは無線・電池不要な環境に優しいセンサを使用、持ち運びも自由で設置工事も不要でメンテナンスもいりません。(※据え置きタイプのご用意もいたします。)

 呼び出しボタン

 

各環境で様々なカスタマイズに対応いたします。ご不明な点があればまずお気軽にお問い合わせください。

KMIoTシステムを販売してくださるパートナー様も募集しています!
お気軽にお問い合わせください。

ドア開け閉め・呼び出し・人感を音・光で通知する

KMIoT Pro に「Crystal Signal Pi」 を導入しました。

世間では警報回転灯などでシグナルを通知している場所をよく見かけますが業界標準的なパ〇ライトもその一つですが、これがとても高価!!。最低でも一つ数万円以上・・・です。100万単位の大規模なシステムであれば回転灯のひとつやふたつはもちろん気になりませんが、やっぱりその単位の投資はできない・・・という中小企業・個人事業主の方のためのKMIoT システムのコンセプトからはちょっとはずれてしまう・・・ではどうすればよいか?と思考錯誤して導入したのがこの「Crystal Signal Pi」です。Crystal Signal Pi はRaspberri Pi を使って音や光でシグナルを通知する装置です。Crystal Signal Pi は6000円弱で購入できますので

音・光で通知してほしいが・・・・

  • 費用を抑えたい
  • 大規模な装置は必要ない

という方には最適です。KMIoT Pro で音・光通知をこのCrystal Signal Piに送ることでドア開け閉め・呼び出し・人感の通知がわかるようになります。

もちろん、ご希望の音声・光通知装置をKMIoT Proに組み込みたいというカスタマイズも承りますのでお気軽にお問い合わせください。

※Crystal Signal/Raspberry Pi 本体は別売りで本体費用はKMIoT Pro には含まれません。

 

KMIoTシステムを販売してくださるパートナー様も募集しています!
お気軽にお問い合わせください。