見守りと看取り

当社ではセンサを使った見守りシステム(ケミオット)を開発・販売しています。

日頃から介護施設の現場に触れたり、現場の方とお話をする機会が多いのですが、そのような中で今回は少し違和感を感じた出来事をお話します。

「見守り」と言っても、例えば

・ベッドからの起き上がりを通知したい
・部屋で存在(動いていること)を通知したい

など、ニーズは様々です。(こちらの投稿をご参照ください。)
そのようなニーズを超えて

「呼吸・心拍」を検知・解析(止まった状態も含め)して通知できないか?

というものがありました。
ケミオットには呼吸・心拍というセンサは採用していませんが、もちろんシステムに組み込むことは可能です(費用が高くなりますが(笑))
ただ、「呼吸・心拍」を管理することで、例えば

・動いていることを通知したい
・健康のためにログを保存したい

というような用途であればわかるのですが、上記のような「見守り」というより「看取り」に近いニーズはやはり違和感がありました。
もちろん、特養などでいつ「そのような」状態になってもおかしくない方々が入居されている施設様は沢山あると思います。
でも「そこまで」管理する必要があるのか?という問題があります。
また、そのような分野は見守りというより医療に近く人の命に関わるものでそれを

「10分に一度職員が見回るのは大変で労力を減らしたい」

という目的でしかも安価に・・・というのは違うのでは、、、と感じました。
人員が足りないのはどこでも大きな問題で、ケミオットも少しでもそのような現場の手助けに!ということで開発しました。
ですが、もし「看取り」を管理したいならば費用高になったとしてもそのような医療システムを導入すべきで、そのような費用はないというならばやはり現場の職員が10分に一度でも見回るべきで、そのような人員が確保できないというならばそもそもそれが必要になるような入居者を受け入れるべきではないと考えます。

ただ、根本的に人手不足が問題なので、どうしても理想に近づける努力はしても現実と理想が離れがちなのは仕方がないと思います。
やはり、そのような介護現場の現状というものを考えて、施設に入居者を預ける家族側もそれを理解してお互いが歩み寄り協力しあっていかなければ今のままの介護現場は崩壊してしまいます。

何の業界もそうですが、売り手・買い手で「お金を払っているんだから・・・」ではなくてサービスなり物なりを提供する側もされる側も感謝の「ありがとう」って気持ちが大切なんですよね。

長野県次世代ヘルスケア産業協議会

本日は長野県次世代ヘルスケア産業協議会に参加、「ケミオット」のプレゼンをしてきました。

協議会は今回で3回目となるのですが、

「長野県のヘルスケア産業と介護業界とのマッチング・意見交換」

ということで1年近く続けてきました。
毎回、長野県内の他のヘルスケアシステム提供企業様や介護現場の方の意見・考え・要望を聞くことができてとても勉強になっています。

今回、「各ヘルスケア企業のプレゼン」ということでサービスの紹介のお時間をいただいたわけですが、
今回の協議会に限らず、今まで僕自身色々な介護施設の現場に伺ったり、お話しを聞いた中で課題・将来性なども考えがあったので弊社システム「ケミオット」の紹介だけでなく「見守りシステムの課題」などというテーマも含めてお話させていただきました。

「見守りシステムの課題」

として例えば【ベッドでの異常検知】についてまとめています。
簡単に言うと一言でベッドでの離床と言っても
<呼吸・脈拍の変化を検知し通知>と<ベッドから離れたことを通知>まで現場のニーズは全く異なり、使おうとしている(使っている)見守りシステムがどのようなニーズを満たすもの(満たさないもの)で現場のニーズに対して本当に<費用>が必要なのか、と言ったことを介護現場側の方が判断することは難しいという問題があります・・・・

そもそもプレゼンと言ってもあまり話すことが得意ではないので【致命的か!(笑)】想いが伝わったかどうかはわかりません。。

プレゼン資料をPDFで添付します。

 

何かありましたらお気軽にご連絡ください!

新製品予約

New!!
ケミオット 温度・湿度データロガー

ケミオットに新製品「データロガー (KMIoT-TH)」が追加されました。
EnOceanセンサを使って温度・湿度の測定データを親機(データロガー)に無線で収集し、グラフ・モニタリング・警報通知・データ一覧・印刷・ファイル化など様々なWebアプリ・Windows専用アプリをご提供します。

詳細はこちら(KMIoTオンラインショップ)


 

3月分在庫が終了しました。次回出荷は4月末となります。
ご予約は随時受け付けております。

ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。

ご予約の流れ
1.
「KMIoTオンラインショップ」にて必要に応じてセンサ台数・中継機などの追加オプションをご確認ください。
2.
メールにて「基本セット」(+オプション)をご予約ください。
(kmshimomura@kemycreative.co.jp まで)
3.
弊社よりお見積り書を送付いたします。

介護施設「見守りシステム」導入事例のミスマッチ

 

現在様々な見守りシステムが販売されています。KemyCreativeのケミオットもそのひとつですが、介護施設の担当者様とお話すると

「どれくらいの導入実績があるの?」

と必ずと言っていいほど聞かれます。もちろん、

「他の施設が使っている」

ということは少なからず参考にはなるかもしれません。
ただ、色々な介護施設様を直接見させていただいていますが、既に導入済の「見守りシステム」を

・有効に活用している
・とても役に立っている

という場所ははっきり言って「1つも」ありませんでした。
これはシステムの規模・価格が大きくなればなるほどその傾向は強い。

なぜでしょうか?

上記の見守りシステムの中にも素晴らしいものももちろんあります。
ただ、<素晴らしい>という物差しは使われる環境によって違うのです。
例えば、ベットでの動作に関しても

「ベットから離れる前の状態を知る」と「ベットから離れたことを知る」

とでは全く検知方法も異なり、それを実現するための費用も全く異なります。
ではそのようなことを考慮し

・本当にベットから離れる前の状態でなければいけないのか?
・ベットから離れたことを知るだけでは介護員の負担は減らないのか?
・それらを実現するために最低限必要な費用はどのくらいなのか?
・その費用対効果はどれくらいなのか?

介護施設と言っても様々な種類があり、また同じ施設内でも全く異なるニーズがある場合もあります。
そのようなニーズを全て満たす「見守りシステム」なんてものは存在しません。
見守りシステムを販売するほどんどの業者は、現場が欲しい機能というよりまず自分のシステムを販売することが目的なので明らかに「機能がありすぎる」ものであっても販売をして、売ったら終わり・・・というのが現実です。
介護現場のような多様な環境に対応しなくてはいけない場合

「〇〇で〇年間実証実験をしました」
「〇〇で既に導入済です」

などもちろん大切ですが、私が実際に現場を見て感じるのはこれらはあまり参考にならず、このような事柄を

「介護施設側」が判断する

必要があるということを実感しています。
見守りシステム・ロボットと言ってもまだまだ「万能」には程遠い状態ですが、利用する側でそれらに

・何をさせたいのか
・何ができるのか

を判断していくことで今の現場の環境の改善に役立っていくものです。
実際に現場を見て「・・・したらいいのに」ということは沢山あります。

これから更なる高齢化社会・人材不足が進み「人」には更に大きな負担がかかっていくことは間違いありません。
ただどんな世になっても「人」というものが最も大切なもの、ということは変わっていくことはないのです。
このようなシステム・ロボットの目的としてはできる限り現場の無駄を省いてその余った時間を

「人と人とのふれあいの時間に充てる」

ことです。
見守りシステムも安いものではありません。
ただ、「目的」のためにも見守りシステム・ロボットの活用法を判断し有効活用していくことが更に重要になっていくでしょう。

「顔認証システム」ケミオット -レコフェイスー

 

◆◆本体買取プランを追加しました◆◆

顔認証

これまでは「レンタルプラン」のみだったのですが、ご要望・お問合せが多かった買取プランを追加しました。(※通常、販売店にて現地で設置・アプリケーションの設定など初期設定をさせていただきますが、もし、「腕」に自信のある方はこれらを自分で行って取付費用も削減する!なんてこともできますのでお問い合わせください。 🙂 )

カメラ動画で人物を認識して顔認証を行い、パソコン・タブレット・スマホに通知します。
介護施設などで夜中の徘徊見守りなど職員の作業軽減に役立ちます。

ーまず、他の動画顔認証システムと比べてくださいー

通常の動画顔認証システムは〇百万円という高額なものですが、このシステムはAWSの顔認証プログラムを採用し、カメラも世界中で使われている安心・高性能なAXIS社製カメラを採用し、介護現場のような一般的にも使えることができる価格に抑えました。

詳細はこちらをご参照ください。

ご不明な点など何でもお気軽にお問い合わせください。

※このプランはテクノエイド協会TAISに登録されています。
「徘徊老人監視システム」TAISコード:01863 – 000001

介護施設でエアコン自動操作

介護施設での現場のニーズで

各部屋のエアコンの開始・停止を遠隔地で操作できるようなものがあったらいい

というものがありました。
これは弊社製品ケミオットの機能というものではなく、ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、実はハードウェアさえ購入すれば実現できる製品が、既に一般的に出回っています。例えば

  【eRemote mini】

これなどは1つ7,000円前後で購入でき、赤外線を使ったリモコンで操作するエアコン・テレビなどに対応してスマートフォンで開始・停止などができます。

現場で沢山の部屋をぞれぞれ数人の職員の方が回ってエアコンの状態を確認する、また現在、病院で熱中症で患者さんが亡くなった、というニュースが報道されていますが、部屋の温湿度を管理するためにも見回りといったといった作業は1日に30分の作業だとしてもそれだけでも負担が大きくなります。
また、熱中症などは温暖化にともないこれからさらに問題となる場面が多くなり、今回の病院のような問題は大きな信用問題で存続に関わる問題が、いつどこでおきてもおかしくない状態になります。ですのでさらに徹底された温湿度管理が必要になることは予想できます。

介護業界の一番の問題は人手不足であり、現場もその作業の負担というものが大きく離職につながるという悪循環になっていることです。
現在、今まで人間が行っていた作業をセンサ・カメラで補うといったシステムも多数あります。
人材というものに限りがある以上、今回のITのようなツールは職員の作業量を減らすためにも活用すべきです。

ただ、多くのシステムにも、もちろんその費用や使い勝手など問題点があります。
施設全体にシステムを導入しようとすれば安くても数百万の費用がかかります。
また、1つ数万円~数十万円するようなセンサや機器もありますが、それを全ての部屋に導入することができる介護施設というのは限られてきてしまいます。
また1台安くても100万円以上するようなロボットもありますが、現時点に限ってはそれだけの費用対効果のあるロボットか、といえばこれも疑問が残ります。

そのような現場のニーズを考え、開発したのが

ケミオット 見守りシステム

です。施設という環境にしぼり、

● 親機1台で100台までのセンサを操作できる
● 設置工事・電池交換不要(太陽電池)でメンテナンスが不要
● パソコン・タブレット・スマートフォンでインストールや難しい操作が不要
● 高価で手が出なかったようなカメラシステム(顔認証・防犯など)を安価に
● 各現場の異なるニーズをソフトウェアカスタマイズで対応

・・・etc
といった今までの見守りシステムとは一味も二味も違うものになっています。
(※ホームユースなど自宅という狭い空間で少ないセンサを管理などという条件に限ればもう安価なものもあるかもしれません。
ただ、そのようなものを大きな施設に適用となると技術的にも(例えば無線や耐久性など)費用的にも難しいものなるのです。)

「こんなもの欲しい、こんなことはできるの?」と言った要望を

まず、お問合せください。

もちろん、このシステムでも現場のニーズに対応できないような(例えば今回のエアコンの遠隔操作)ものもあります。
そのような場合にも、今回のITツールの紹介など、できる限り安価で現場のニーズを満たすようなものをご提案します。
また、本システムはサポートも含め、売ったら終わりではなく、使っていくうちにさらに良くなるというソフトウェアを常に提供していきます。

是非、ご不明な点、お気軽にお問合せください。

介護施設とPHS

介護施設を訪問させていただくと、とても「アナログ」である現場が多いことに驚きます。

一般に販売されているような反応すると音が出るだけのようなセンサを何台も置いている
⇒ 実際には色んな場所でセンサが同時になって場所さえわからない
それよりも少し高価な無線のセンサを置いている
⇒ 無線が届く距離が短く色んな場所に親機を置いているので結局変わらない

このような状況ではセンサを増やせば増やすほど(入居者が増えれば増えるほど)逆に職員の作業量が増えてしまいます。また少し広い施設で意外と多く使われているのがPHSで連絡手段(通知手段)として使われている場所もあるのですが、「PHSを使う」というだけでも職員が無駄に現場までかけつけるというような手間が少しでも無くなる可能性はあります。ただし、PHSということでやはり出来ることは限られてしまいます。

ただ、ご存知だとは思いますが、そんなPHSももうすぐ終了となります!(※法人用は継続しますが数年先には・・・)

PHSサービス終了(https://www.ymobile.jp/support/relief/nwinfo/phs/)
(※2020年7月ということでもう2年を切っています)

PHSからスマートフォンに切り替え・・という話にはなると思いますが、介護施設は場合によっては本当の緊急を要するような現場です。

「半年前になっていきなり全てPHSからスマートフォンに切り替え」

のような簡単なものではなく、PHSからの移行期間を含め長い時間をかける必要があります。

「そんなことをするくらいだったら、スマートフォンなんて導入しないよ」

という現場の方もいらっしゃるかと思いますが、上記のようにアナログでそれぞれのセンサが音を出して・・・というのはやはり限界があり逆効果になるということを認識して

「結局それなら鈴がなればいいんでしょ?」

という考えを現場のために考え直す時代になってきているということです。
介護施設内では職員はスマートフォンは使用禁止、、という施設様もいらっしゃいましたが、ただでさえ人材不足でこれからこの状況はさらに深刻化していくと考えられる介護業界でITなどを活用することは必ず必要になってきます。また、ますます必要となる若い人材に限ればスマートフォンなどは日常的に使いこなしそれを使わない、ということは逆にとてももったいないということになります。(※介護施設へのスマホ導入の勧め)

もちろんITだからと言って何でも導入すればいいというものではなく、

「全くわからない、自分の施設のニーズには合わない」

というようなものの導入で逆効果になることもあります。

「1個数千円のセンサから数百万円のロボット/数万円のシステムから数百万円のシステム」

本当に色々なものがありますが、これらの見守りシステムはどれをとっても現場の全てのニーズを満たすことは予算的にも機能的にも不可能であることが現実です。このようなシステム導入は

「現場のニーズを最低限でも最も安く、また最大限の費用で最もニーズにマッチした機能を持つもの」

を探して導入することで職員の作業・負担を軽減し、逆に入居者との時間を増やすことができる(例えそれが数分だったとしても)といった相乗効果を生み出すべきものでなくてはいけません。

例えば「ケミオット」はLINEでの通知にも対応していますが、
-LINEモバイル- (https://mobile.line.me)
のようなものも利用できます、こんなこともお気軽にご相談ください。

PHSからスマートフォン切り替え・・・今が最適なタイミングかもしれません。

ケミオット見守りビュー/対応通知機能追加

ご要望にお応えして・・・

ケミオット 見守りビュー に、

職員が警報通知を受け取って対応が完了した場合、対応完了メッセージをメール・LINEに通知を送る

という機能を追加しました。

複数の職員の方にそれぞれの対応状態を他の職員の方に通知することで、同じ現場に向かうという手間が省けます。

現場のニーズはそれぞれ異なります。
ケミオットは現場の様々な要望を「ソフトウェア」の機能で応えていこう!というシステムです。
「こんなことはできるの?」などお気軽にお問い合わせください。

介護施設へのスマホ導入の勧め

介護施設の現場を見ていると、職員が勤務中スマホを持てないというような施設が多いことに逆に驚きます。(さすがにインターネット回線の導入はされていない施設は見つかりませんが・・・)


もちろん、子供ではないので、、、仕事中に遊ぶからだめ! なんて理由で禁止しているわけではないとは思いますが・・・・
費用面で考えてもスマホのような最先端の技術が詰まったものが2万、3万程度で買えてしまうのが今の世の中です。
セキュリティに関してもスマホを外に持ち出さずに、最低限のセキュリティの教育がされれば確保される情報がまずほとんどだと思うのですが、そのようなリスク以上にスマホを業務に使用しないデメリットの方が断然多く、スマホを使うことで施設全体の作業効率化につながることは

間違いありません

このような話をするとスマホの操作が難しくて結局アナログで行った方が早い、という声も入ってきます。
もちろん、「使いにくい」アプリなどはあるかもしれませんが、それならば「使いやすい」ものを選ぶなり、更に勉強をするなり、するという方向へ向かうことを期待されますが、そうではなく結局、

だからスマホを使わない

という選択をしてしまう、ということがとてももったいない気がします。

何をするにしても初めは面倒だったり、覚えることが大変だったり、ということはあるものです。
例えば定年をとっくにすぎたような年齢と思われる(※失礼な言い方ですみません)最新の機器でプレゼンをしたり、スマホ・タブレットをこの上なくスムーズに使っている場面を目の当たりにすると(みな経営者の方ですが・・・)驚きを超えて尊敬の念しかありません。ただ、そんな立場の方に限らず身近な高齢者でも最初は拒否感がありましたが、使っているうちに「どこで覚えた?」というような絵文字やスタンプを使われる場合もあって驚くことも多いです(笑)

ただ、なぜこれだけスマホが普及したかというとそういう問題をこえてやっぱり「便利」だからです。
例えば介護現場でも「何かが起こって音がなる」という場合にも、そのセンサ自身が音を出すなんて場合には

  • 音がたくさん出ていてどこで出ているかわからない
  • センサごとに違う音を出しているが、どのセンサが音を出しているか音か忘れてしまった
  • そもそも遠くて音が聞こえないときがある

etc… そんなとき状態をすべて職員自身が切り分けて・・などという、よっぽどの特殊能力のある人でしかこなせない業務をやっている、、
なんてことになると作業軽減のはずが作業が増えるなどという本末転倒な状態になりかねません。

ただ、それでもスマホを導入していない原因は、やはり「使いずらいアプリ」というのが根本の原因ですが、、、そういう私も様々なアプリを使って難しくてわからなくて、もっと簡単なアプリを何度も探す、、なんてことは日常茶飯事でそのような作業も煩わしいのも確かだと思います。

ですので、開発・販売側も日々ユーザのニーズにあったレベルの使いやすいアプリ・サポートを提供すべく努力が必要なのだろうと思います。

ただ、そのためにはまず

スマホ・タブレットの環境整備

が必要不可欠、、ということになりますね。。。

※スマホ・タブレットの選定や環境の整備などは、業者によっては素人とわかるととにかく高いものを導入させようとか、法外な費用を要求する業者もいないとは限りません。
もちろん、最新の機種などが必要な業種もあるかとは思いますが、今回の介護施設への導入という場合には「そこまで」を求める環境は必要がない場合がほとんどです。そのようなコンサルタントも行っておりますのでお気軽にお問合せください。

ケミオット 顔認証アプリ「レコフェイス」 プレリリース

概要
リリースしました! 現在モニタ募集中です。
(※1年間無料:8月31日申し込みまで 詳細はこちら )

 

レコフェイスは人物の動きを自動で感知して顔認証を行い、あらかじめ登録した人物画像と同一の人物を検知した場合にパソコン・タブレット・スマートフォンに表示・通知します。保存動画は表示(一覧・再生)ができます。

 

用途

 

防犯や施設などでの高齢者徘徊の見守りなど手軽に始めることができます。

 

機能

 

通知はパソコン・タブレット・スマートフォンへの表示(パソコンは音通知も可能)とメール・LINEへの通知ができます。

例.パソコン通知表示

例.LINEへの通知

価格

 

カメラ1台につき

 カメラ本体費用 0円 / 月額費用 9,800円 (税抜き)

※カメラはレンタルのみ・保証付きで長くお使いいただけます。

 

プレリリースとして・・・

 

2018年8月1日、2日 に行われる

「CareTEX One名古屋 見守りシステム展示商談会」

にて弊社ブースにご予約・来場の上、後日導入をお決めいただいた場合には

本アプリ使用料月額1ヶ月分を「無料」にいたします。

興味のある方は是非ご来場ください。

商談会は予約制となっておりますのでまず弊社までお気軽にご連絡ください。