KMIoT

ビニールハウス温度管理

  1. KMIOT >
  2. KMIoT >

ビニールハウス温度管理

スマホでお手軽温度管理

近年、スマートフォンの普及拡大によって「スマホを農業にも生かしたい」という要望が強くなり、世の中には農業の完全自動化・データ化を目指すような「AIによる自動管理を・・・」というようなシステムも見られます。

ビニールハウス温度管理


ただ、現状として温度計・温度ロガーなど現場に向かって管理を行う必要があるシステムから

  • 現場に温度を計測するために向かうのが大変
  • 温度の状況を遠隔で把握したい
  • 指定温度での警報をメールなどで通知してほしい

というような要望を満たす温度管理がしたいというシステムに変更したい、という声が多く聞かれます。 これらの要望には大掛かりな

  • AIによる自動管理を・・・?
  • 年間10万円以上も費用がかかる?

ようなシステムは必要ありません。
そこで、お手軽にスマホでこのような要件を満たすシステムが

ビニールハウス温度管理

ビニールハウス温度管理


です。
スマホで遠隔管理がしたい場合はインターネット接続が必要なのですが、現状では残念ながらインターネット環境が整備されているビニールハウスは多くないと思います。ケミオットは電源さえあればインターネット環境が構築され、上の条件を満たすような親機と無線センサ一式・アプリケーション含むシステムが

初期費用 31,460円
LTEオプション 13,200円

で実現できるシステムです。
月額500円~最大2,200円(センサ台数別のインターネット接続費用)~で長期間の場合も安心してご利用になれます。


※インターネット接続環境があればLTEオプション分の初期費用無し・月額費用は0円です。
※税込表示

KMIoT KMIoT KMIoT

親機に電源を入れるだけでスマホでセンサ管理ができる

ビニールハウスの温度調整機器の故障などによる損害や温度状態の確認の手間などを考えた場合「システム導入のメリットが大きい」と最終的に満足いただいている農園の経営者様が多くなっています。この機会に是非、お試しください。

ご不明な点等ございましたらお問い合わせにてお気軽にご連絡ください。

-KMIoT
-, ,

© 2021 Powered by STINGER