設置上の注意

設置上の注意

設置上の注意

親機・中継機には100V家庭用電源が必要です。

KMIoT専用センサの親機との通信距離は屋内100m前後、屋外300m前後(見通し⇒障害物なし 約1km)となります。
中継機を複数台設置(多段接続可)することで通信範囲を拡大することができます。

※親機とセンサの間に別の建物がある場合、同一敷地内にない場合などは50mほどであっても電波が著しく減衰(または未到着)となり不安定な状態となります。このような基本的に距離がある場合に中継機を設置できないような環境では現地にインターネット環境を構築するかLTEオプションの利用をご検討ください。

EnOceanセンサの親機との通信距離は屋内20m前後、屋外見通し100m前後となります。
中継機は親機1台につき1台のみ設置可能でその範囲内で通信範囲を拡大することができます。

※親機とセンサの間に別の建物がある場合、同一敷地内にない場合などは50mほどであっても電波が著しく減衰(または未到着)となり不安定な状態となります。このような基本的に距離がある場合に中継機を設置できないような環境では現地にインターネット環境を構築するかLTEオプションの利用をご検討ください。

無線通信時には通信環境が悪い場合は通信が失敗する場合があります。 特に電波強度が弱い場合には親機(ドングル)の向きや親機・センサとの間に障害物(金属・電子機器等)などからの影響が強いため、設置時には親機(ドングル)の設置方向や親機・センサ間の障害物などを考慮して設置を行ってください。(※電波強度が1本の場合、通信が不安定になります。)親機・センサを縦に設置するなどで電波強度が改善される場合もあります。その他、こちら(アンテナ特性)をご参照ください。それでも、通信環境の改善が見られない場合には中継機の使用で環境は改善されますのでご検討ください。

上記通信距離は障害物の有無・内容により前後し、全ての通信距離を保証するものではありません。
また上記通信距離範囲内であっても基本的に通信間に別の建物や障害物がある場合など含め、親機・中継機・センサが別の敷地の場合には一つの親機で通信することは難しくなります。このような環境下の場合は各敷地ごとにそれぞれ別の親機を追加します。
通信環境の判断が難しい場合、サンプルセット(有料)のお貸出しサービスも行っておりますので実環境で電波状況などをご確認ください。

センサには防水機能はございません。センサ筐体の小さな穴より水が入らないようにご注意ください。
結露などを防ぐことが難しい環境では湿度測定を除いた簡易防水の温度センサ(KMIOT-AMB-T)のご利用をご検討ください。

温湿度センサは直射日光の当たる場所では外気に比べて高い温度が測定されますので日当たりなどもご考慮ください。

トイレ管理システムにおけるドアセンサではセンサとマグネットの近接状態によってドアの開閉を判断します。通常のドアとトレイの壁にセンサとマグネットを設置する場合やマグネットが設置可能でマグネットの近接判断が可能な場所であればドアの鍵などにも設置いただくこともでき、
「閉じている場合に使用中」「開いている場合に空室」
というトイレに対応します。
それ以外の条件に適合しないトイレに関しては人感センサで「使用中/空室」の判定も可能ですので別途お問い合わせください。(※ただし、人感センサは費用が異なります。)

上記参考に設置環境に応じた親機・中継機・センサの台数を概算しお知らせください。
台数などご不明な点は設置予定環境の見取り図などをご提示いただければ概算いたします。

本システムのセンサは/あらゆる測定データに対して小さな誤差が許されない/完全防水が必要/過酷な温度が続く/ などの環境での使用はお控えください。その他ハードウェア詳細はこちらをご参照ください。

© 2021 Powered by STINGER