KMIoT Pro    ースモールIoTシステムー



はじめに

  1.  センサ
    • センサを明るい場所に置いて充電する

      ※直射日光レベルの明るさでソーラーパネルを上側にして数十分時間置いてください。

    • 充電後、センサを測定場所に設置する


  2.  ゲートウェイ(Armadillo)設定

      ※以下は基本構成(有線LAN)とオプション(3G・LTE)プランの場合は設定の必要はありません。
       詳細は製品ご購入販売店までお問い合わせください。
    • ゲートウェイを有線LANケーブルで繋ぎ電源をONにする

    • WiFi接続設定(※ゲートウェイを常に有線LAN接続する場合は必要ありません。)
      • SSHクライアントでゲートウェイとSSH接続する

        ※ユーザ名・パスワードは製品同梱のものを使用します。
        ※ご使用のPCにSSHクライアントまたはTelnetがインストールされていない場合は別途インストールしてください。

      • 起動後、以下のようにコマンド入力
        (※SSID・PASSWORD はご使用の無線ルータの設定を入力してください。)

         nmcli device wifi connect [SSID] password [PASSWORD]

      • LANケーブルを抜いてArmadilloを再起動してください。  
        ※起動後、正常にWiFi接続できるかどうか確認してください。


  3.  警報(専用Webアプリケーション)設定
    • ブラウザでKMIoTシステムにログイン後、警報設定をする
       
      ※ログイン名・パスワードは製品同梱のものを使用します。


  4.  付属ソフトウェアをインストール

      ※警報メール・現在データ表示・1日分グラフ表示・1日分データ一覧などは全て専用Webアプリケーションで行えます。
       その他、グラフ・データ一覧・印刷などの機能を使用したい場合は必要に応じて
       以下の付属ソフトウェアをインストールしてください。

    • KemyGraph for Sensor(※Windows用)