KemyGraph for Sensor



 メイン
 メインメニュー
 専用ファイル作成DLLドキュメント

 Android 対応


 動作環境

 ご購入





リアルタイムグラフ


設定

  • リアルタイムに読み込むファイル(kmyフォーマットファイル)を指定してください。
  • グラフを更新する間隔(秒数)を指定してください。
     ※ここで指定された秒数ごとにファイルを読み込みグラフを更新します。
  • ファイルはインターネット上のファイル・ローカル上のファイルを指定できます。

     ※ 例.
      ーーーインターネットの[sample.kmy]を読み込む場合ーーー
      http://sample.com/sample.kmy

     ※ 例.
      ーーーローカルの[sample.kmy]場合ーーー
        C:¥sample.kmy

  • インターネット上のファイルでセキュリティ識別子がある場合は以下の「詳細設定」で必要項目を設定してください。
  • 「開始」ボタンをクリックするとグラフがリアルタイムにデータを表示します。


【詳細設定】

  • インターネット上のファイルでセキュリティ識別子がある場合はログイン名・パスワードをそれぞれ指定してください。


リアルタイムグラフ


【サンプル】

  • 指定されたファイルを指定間隔で読込み、指定間隔で自動的にグラフを更新します。


【センサ一覧】

  • グラフのタブに「リアルタイム」と表示されます。
  • グラフ上部の更新メニューアイコンをクリックするとグラフを1回手動で更新します。
  • センサ種類が表示されます。
  • センサ毎にセンサID・センサ名・現在値データ・グラフ色の一覧が表示されます。
  • グラフを終了したい場合には「リアルタイム」タブの「x」マークをクリックしてください。
  • リアルタイムグラフは折れ線グラフのみ表示でき、またイベントセンサの表示はできません。
  • リアルタイムグラフと通常のファイルグラフの混在表示はできません。