EnOceanで温度・湿度・人感・ドア開け閉め・呼び出し IoTシステム

KMIoT Proが採用しているEnOcean製センサーは無線・太陽光電池で環境にやさしく設置の手間もなく、メンテナンスフリーで環境にやさしいハードウェアです。また、無線距離も見通し100m以上で障害物にも強く、施設・工場・農業ハウスなど大きい建物などあらゆる環境に適応しています。(※少し障害物があったり、向きが違うだけで全く通信しない・・・、また1回データを通信取得するだけで何秒もかかる・・・、電池が1ヶ月ももたない・・・etc、私自身もそんな経験もあり使ってみてものすごい不便を感じたなんて製品もありましたが(>_<)、そんな経験からも様々な実験結果より、EnOceanセンサーははっきり言ってすばらしい製品で胸をはってユーザ様に提供できるという結論で本システムに採用しています。)

また、どんなにハードウェアが優秀でも実際にデータを扱うソフトウェアがなければ一般ユーザにとってはどうしようもないと思います。KMIoT Proでは専用Webアプリケーション(センサデータ表示、警報メール、警報音、複数センサーグループ管理、データ一覧、グラフ表示)はもちろん、しっかりデータをグラフで解析したいというユーザ様のために専用Windowsグラフアプリケーションも付属しています。(※温湿度のみ)

またどんなにハードウェア・ソフトウェアが優秀でも費用が高ければ使えるユーザ様が限られると思います。大手のIoTシステムを検討し、「お問い合わせ」したところ、その費用の高さに驚いたユーザ様はいると思います。はっきり言って全てのユーザ様が数百万もするIoTシステムの全ての機能を必要とし、またそのハード・ソフトもその価格に相応するものか?と言ったら疑問が残ります。そこでぎりぎりまで価格を抑え、大手のIoTシステムに比べれば「0がひとつ、ふたつ」少ない価格になっています。

将来、さらに高齢化・人口減少が進むことが予想されます。飲食業界でも人件費が高くてアルバイトを雇えない、、、といった例もあるような世の中です。例えば温度管理ひとつとっても、温度計(データロガーでも同じ・・・)の「場所」に行って温度を記録(手動でデータをパソコンに移して・・・)といった作業ひとつとってもわざわざ「人」が手動で行うレベルのものではなく、その「人」が動く費用というものはこれから更に高くなります。それでもまだ「結局人がやった方が安いんだよね・・・」という人もいますが、私自身現場の方々の話を聞いてKMIoT ProのようなIoTシステムに興味を持たれるユーザ様はやはり将来が見えていて、結果的には将来色々な面で「差」が出てくるものだな、と感じました。世の中の技術はものすごいスピードで進んでいます。KMIoT システムもこのようなユーザ様の力になれるよう更に機能向上を目指していこうと考えています。

KMIoT Pro  詳細はこちら ↓
http://kmiot.kmshimomura.com/kmiotweb/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA