「IoT」 って何?

現在、Kemy Creative では温度湿度管理システム「KMIoT」を販売しています。これは名前にもある通り「IoT」システムです。ただ、世の中の一般ユーザから見ればまさしく、

「IoT」って何?

という方の方がまだまだ多いという実感があります。今までも温度湿度データを記録して、データをみたり、グラフを表示したり、また例えば温度が高かったら空調で調整するとかそのようなものは沢山あったと思います。ただ、それも

  • 1時間ごとに温度計のある場所に行って温度を記録してEXCELでデータをまとめる
  • データを記録できる温度計などを1日ごとにパソコンと「ケーブル」でつないでデータを吸い上げる

なんてことをしていたかもしれません。無線のようなものがあったとしても、あくまでも無線の届く範囲での動作・・・ということになっていたでしょう。そして「IoT」というのは簡単に言うとここでいう

「温度計」みたいなものと「インターネット」を接続する

ということになります。インターネットに接続しているので記録データはすべてインターネットで見ることができる・・・つまり、「どこにいても」パソコンやスマートフォンさえあればデータを管理ができるということになります。またそのデータをリアルタイムに管理すれば、

温度がある範囲外になったらメールを送る

なんていうこともできるわけです。データも記録されているのだから、1時間ごとに現場にいく必要もないし、紙に記録する必要もありません。インターネットにつながっている空調設備(エアコンなど)や、水やり設備(スプリンクラーなど)などがあれば温度データによって自動的にそれらを管理をすることができます。温度データだけでなく、例えば人感センサーで高齢者見守りとか、パルスセンサーで雨量測定とか、全てを「遠隔地」で管理できるということになります。便利ですね。。

ただ、便利であればやっぱり「お金」が、、、というのがこの世の中で・・・今では「スマートフォーム」ということで、個人自宅レベルでIoTを使用するというものが増えていますが、これはあくまでも自宅レベルで、上記のような設備とか施設とか、そのような話になるとセンサーからソフトウェアなど一般ユーザーがシステムとして動作するものを購入しようとすると100万円単位で費用がかかります。そのような世界なので、「遠隔地で管理できたら便利だから欲しい」と思ってもとてもじゃないけど手が出ない・・・という方も沢山いらっしゃったと思います。この世界にはセンサー・インターネットのインフラ・ソフトウェア・Web/広告・販売・・・・の範囲をそれぞれ専門に行うという会社は山ほどあります。それぞれが安い会社はありますが、IoTのようなシステムはこの全ての要素がシステムとして構成されるので費用が高くなるのは当然だとは思いますが、(※上記それぞれの会社のコネクション(コンサル・紹介など)で費用をとる会社もあるくらいです。)まだまだ、販売側と一般ユーザとの認識の差が大きすぎることからIoTというものがまだ浸透しきれないという理由のひとつだと考えています。そこで開発をしたのが

KMIoT (スモール温湿度管理システム)

です。このシステムはまさしくセンサからソフトウェアまで一括でユーザ様に提供し、パソコンやスマートフォンで簡単に現在の温度湿度が見れる(もちろん警報メール・グラフ etc…. の機能もあります。)というIoTシステムです。

詳しい知識はないけど、上のようなシステムが欲しい!

という方にも最適です。是非お試しください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA