SensorTag+Genuino101+DataLoggerShield でデータロガーシステムを作ってみた

 

  KemyGraph for Sensor

 

今回はSensorTag、Genuino101、DataLoggerShield を使ってデータロガーを作ってみました。
(データロガーということでちょっと時代遅れ感が否めませんが・・・)

SensorTagというのは米国Texas Instrumentsが販売しているセンサで通信手段もBluetooh、WiFiなど用途に応じた規格を組み込んだそれぞれ販売されているものの総称になります。今回は10種類以上のセンサが組み込まれBluetoothで通信し、Beacon仕様にも対応しているというものを使いました。
Genuino101とはArduinoの後継(分裂という話も聞きますが詳細はここでは割愛します)で手のひらサイズのボードで、加速度センサー、BLEモジュールを標準で搭載してその他メモリなどすごく進化しています。

今回はデータロガーということでShieldを追加してSDカードにSensorTagの温度データを保存し、KemyGraph for Sensor で表示しました。
(※普通なら
・このハードウェアがこんなに素晴らしいんです!
・こうやって素晴らしいプログラムを書きました!
というような記事を書くのだと思いますが、本ブログの趣旨と異なるので割愛します。。。)

【棒グラフ表示(※グラデーション)】

【折れ線グラフ】

今回伝えたいことは開発者からみてもDocumentも実際の通信も性能もこのような素晴らしいハードウェアが全て数千円で販売されているということです。もちろん安ければいいというものではなく、EnOceanのようにちょっと庶民には手が出せないと思うようなものでも機能的には素晴らしいものあり、要はユーザー自身が何を求めているかということを開発側が考え最善を尽くすということだと思います。そのことで
「そのようなものを使ってどのようなものが実現できるのか」
ということを一般ユーザに知ってもらいたいと思っています。

今回は測定した温度データのみをグラフにしましたが、SensorTagは他にも湿度や照度など10種類の測定データが記録できるので、今回と同様に簡単にグラフ表示することができます。(※もちろん、KemyGraph for Sensor は基本的にどんなセンサーデータでも表示できる、という仕様になっています。)

Genuinoでインターネットと接続ということでIoTシステムへの組み込みができますので、IoTシステムの導入を高価すぎてあきらめていた方は是非お気軽にお問い合わせください。
(※今回はデータロガーという閉じた世界のものですが、これだけの機能のものを1万円台で実現することが可能だと思っていますので古いデータロガーからの買い替えも含めお気軽にお問い合わせください。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA